コロナという怖い病気のおかげで、お店は臨時休業。
お仕事がなくなってしまいました。
接客のお仕事ですから、どうしても密になってしまうもの。
だからお店が休業しなければならないのも当然なのは理解できていました。
休みの時間が増えれば増えるほど、生活が厳しくなってしまうものです。
収入が途絶えてから、細々と貯蓄を崩しながら何とかしていたのですが、そろそろ限界。
家賃の支払いすらやばいって感じになっちゃって、焦りを感じていました。

 

 助けてくれる人を探す。
これ以外考えることができませんでした。
パパ活で、無償支援してもらいたい。
そう考えて、人気の出会い系アプリを利用。
パパ募集に乗り出してみました。
しかし、やりとりこそ成功するものの、それ以上になりません。
コロナの自粛で、パパたちも腰が引けてしまっているようでした。
皆同様に「コロナが終息してから、食事デートしよう」と言います。
でも、今スグ収入が欲しい私としては、それでは困ってしまいます。
かなり頭を悩ませてしまっていました。
こんなことなら早めにパトロンを作っておけば、なんて後悔の念まで出てきました。

 

 香津実ちゃんは同い年のキャバ嬢仲間です。
仕事以外でも仲良くしている彼女に連絡を入れてみました。
彼女は収入をどうしているのか?
気になっていました。
「病気感染リスクを回避するため、オンラインパパ活しかないよ」
この言葉に、久しぶりに気持ちが上向いていくのを感じました。
彼女、オンラインのサシ飲みで、収入を得ていたようです。
瞬間的に、強い関心を持ってしまった私です。
香津実ちゃんは、どういう方法でオンラインパパ活をしているのか?
また、どういう方法でお金のやりとりをしているのか?
気になる部分が沢山出てきました。
ノウハウを手にできたら、すぐに私もオンラインの飲みを実現したい!と真剣に思ってしまったのでした。

定番アプリ女性は完全無料

お金を恵んでくれる人を探すなら迷わずコレ!