アプリのLINEやZOOMで、オンラインのサシ飲みをすることで、収入になることが判明しました。
優しくて懐事情の良い人だったら、アマゾンギフト券やLINE PAYでカンパしてくれる。
良い方法に感じます。
なにより接触しないオンライン上のことです。
安心感が全く違います。
オナニー動画をあげたり、ライブオナニーを見せることで、さらに収入を得られることも判明しました。
ネット上のプチ援みたいな関係でも、今は求められているようです。
家賃すらヤバイ状態でしたから、助けてくれる人を探す目的で、出会い系アプリのJメール、ワクワクメール、PCMAXでオンライン飲み友を募集することにしました。

 

 ある程度、金銭的なゆとりのある方。
歳も上の方が私は好まれるため、30歳以上の人をターゲットにしてみました。
助けてくれる人探す為に、各アプリの掲示板に、飲み友募集を書き込んでいきます。
キャバ嬢をやっていることも明確にしました。
この職業は、ある意味男性へのアピールにもなりますから。
ギャラ飲みの気配は少しも見せず募集開始になりました。

 

 ドキドキのメール交換。
40代の、会社経営の男性とワクワクメールでやりとりです。
松森さんと、話も盛り上がってお酒を楽しむことになっていきました。
会社経営者でしたから、懐事情も悪くないでしょう。
期待する気持ちが、ひたすら強まっていく状態でした。

 

 笑顔を絶やさずに、相手を楽しませることに徹していきました。
仕事のスキルが十分活かせる状態に満足しました。
松森さんも、とても楽しそうに会話をしてくれます。
期待する気持ちを我慢しつつ、相手を楽しませることに集中していきました。
松森さんの酔いが、かなり回ってきた頃、そろそろかな?と、さりげなく今のピンチの状態を話すことにしました。
「接客する仕事は今難しいからね、それは困った状態だね」
かなり親身に聞いてくれる男性です。
さらに私の期待は強まるばかりとなりました。

定番アプリ女性は完全無料

お金を恵んでくれる人を探すなら迷わずコレ!